• データ入力の基本

  • ネット社会になって、何をするにもインターネットで検索をすると解決してしまう便利な時代になりました。 パソコン操作基本でもあるデータ入力。 これは、エクセルに限らずワード、メールなど色々な場面で利用されます。 こうしたことからも、他の機能よりも作業をする機会が多くなっています。 その為に、スキルとして身に付く速度も速くなっています。

    データ入力の中で基本となってくること、それはひらがなやカタカナの入力です。 これは、言語バーを利用することで変換できます。 文字を入力して、ひらがなをカタカナにする場合には、F7を押すことで変換できます。 半角のカタカナの場合はF8になります。 そしてF6を押すことによって、元のひらがなに戻すことができます。

    漢字にする場合には、スペースキーで変換をします。 自分が使いたい漢字ではない場合には、何回かスペースキーを押すことによって、候補を出すことができます。 そして、決定するときはエンターキーを押します。

    このように、文字の打ち方や変換の方法はデータ入力をする上で基本的なことになってきます。 ですので、しっかりと最低限の基本として覚えておくといいと思います。 最初に覚えておくと、応用がきくのでスムーズに利用することができます。

    ≪特選サイト≫
    ・ロゴ作成のコンペサイトとして人気の[クラウドワークス]をご紹介します ⇒ ロゴ作成